汁なし袋麺の世界&SNSで話題のアレンジレシピまとめ│マツコの知らない世界

お昼ご飯に、ちょっと小腹が空いた時に、お腹が空いて眠れない夜に…。

どんな時でも簡単で美味しい袋麺。でも近頃は“汁なし袋麺”をよく見かけるようになりましたよね!

どうやら、インスタント業界に“汁なし袋麺”のブームが来ているそうです!

そこで本記事では、2021年5月18日(火)放送の、TBS「マツコの知らない世界」が特集した、

汁なし袋麺の世界

に登場した汁なし袋麺や、SNSで話題の袋麺の汁なしアレンジレシピなどをまとめています。

 

<スポンサーリンク>

 

汁なし袋麺の世界

2021年5月18日(火)放送のTBS「マツコの知らない世界」では、全国8000種類以上の袋麺を食べた男・大和一朗さんが1年半ぶりに登場し、

「汁なし袋麺の世界」を紹介。

汁なし袋麺といえば、焼きそばくらいしか思いつかないので、ラーメン好きのイカリグマ、今回のテーマは興味津々です!

ちなみに、大和さんは高校生の頃にバイク事故で記憶喪失になったとか。リハビリ期間には医師の勧めで子どものころから大好きだったインスタントラーメンを毎日食べ続け、チキンラーメンの香りで、幼少期の記録を取り戻したそうです。

以来30年以上、大和さんは青春時代を取り戻すため、30年以上も袋麺の香りを追求しているのだとか…。人に歴史あり、ですね!

さて、前置きはこのくらいにして。

まずは、「汁なし袋麺の世界」に登場した、大和さん厳選の汁なし袋麺をご紹介します。

※紹介している商品は、番組放送時点のものです。すでに販売が終了している場合もありますので、その際はご了承ください。

また、一部入手困難な商品については、プレミアム価格で取引されている場合もありますので、ご購入の際はご注意ください(なるべく公式ショップをリンクするようにしています)。

 

広島「尾道まぜ麺」

純正食品マルシマ/尾道まぜ麺

定価/220円(1食入り)

→Amazonはこちら

昔懐かしい醤油の香りがたまらない、尾道ラーメンがベースの担々麺

なお、尾道産のジャンボにんにくを使用した、ピリ辛の即席まぜ麺。タレには動物性不使用なので、体に優しいくヘルシーです。

 

「鯛だしまぜそば」

シマダヤ/鯛だしまぜそば(2食入り)

定価/356円(2食入り)

濃厚かつ高級感のある鯛だしの香りが、小麦胚芽入り「もみ打ち平麺」とよく絡み広がる

チルド麺のためか、ネットショップなどでは見つかりませんでしたが、イトーヨーカ堂で販売しているのを発見しました。

※販売エリア:関東・甲信越・静岡・東北・北陸・中京・近畿・四国

 

「ラオマ・バンメン」

エグチホールディングスなどが台湾から直接輸入しているラオマ・バンメン。

※バンメンとは、台湾や中国の伝統ある汁なし麺のこと。

定価/1,620円(4食入り)

→Amazonはこちら

天日干しで麺を自然乾燥。じっくり熟成させるため小麦の香りが強い

花山椒とコクのあるゴマの香りが独特な中華香辛料がやみつきに!

マツコさん曰く、「天日干しは違う」「弾力がある」とのこと。

また、大和さん曰く「タピオカの次に来るのはバンメン」だとか。

 

山形「米沢牛の油そば」

こしゃる合同会社/米沢牛の油そば(2食入り)

定価/1,200円(2食入り)

米沢牛の牛脂を使ったステーキのような香りが楽しめる。味はワインや煮干しで調整してありあっさり系

 

山形「やっぱり旨い油そば」

みうら食品/やっぱり旨い油そば(2食入り)

定価/357円(2食入り)

→Amazonはこちら

山形ならではのマイルドな醤油を使用しており、パンチのあるにんのくの香ばしさもプラスされている。

また、タレがよく絡む太麺で、しっかりと小麦の香りも楽しめる

マツコさん曰く「ふるさとみたいな味がする」とのこと。マツコさんもお好きな味みたいです。

 

熊本「炸醤龍」

日の出製粉/炸醤龍(ジャージャーリュウ)

定価/162円(1食入り)

→Amazonはこちら

ピリ辛の豆板醤に生姜とごま油の香りが食欲をそそる濃厚ダレ。

麺は厳選された小麦を使ったストレート麺で、タレとよく絡み豊潤な香りが口の中に広がる!

 

ちなみに、日の出製粉の汁あり袋麺「赤龍」は、袋麺の回でマツコさんが試食し、大絶賛していたシロモノです!

→Amazonはこちら

 

袋麺の汁なしアレンジレシピ

近頃のSNSでは、袋麺の汁なしアレンジレシピが大人気だとか。

ここでは、大和さんが厳選した、汁あり袋麺を汁なし麺にアレンジした、マツコさんもうなる大胆レシピをご紹介していきます。

うまかっちゃん×焼きラーメン

<作り方>

フライパンで豚肉、玉ねぎ、きくらげを炒め、硬めにゆでた麺と粉末スープを入れてさらに炒める。

焼きラーメンの本場・九州でも、マルタイの棒ラーメンなどのインスタント麺を使い、家庭で作られているレシピ!

さて、うまかっちゃんの焼きラーメンを作ろう!と思いきや、うまかっちゃんって、全国区の商品じゃないんですよね。

スーパーの九州フェア的な時に買ったことは何度かありますが、今は九州フェアやってないし!

ということで、これなら売ってた!「マルタイの棒ラーメン」と、家にある材料で作ってみました焼きラーメン!

<材料(2人前)>

豚ひき肉(100gくらい)
玉ねぎ(半分ぐらい)
マイタケ(1パックくらい)
ピーマン(1個)
マルタイの棒ラーメン

※麺を硬め(1分)に茹で、フライパンで炒めた具材と一緒に炒め、添付の粉末と調味料を入れて炒めるだけ!簡単!

なお、とんこつ風を醸したいのなら別ですが、そうでなければ具材はなんでもアリだと思います。

<お味は?>

珍しく調理を担当したのはイカリグマです。

出来上がりは地味ですが、マルタイの棒ラーメンの焼きラーメン、めちゃくちゃ好み!

いわゆる「塩やきそば」みたいな仕上がりですが、麺が細いのでパサッとした仕上がりになって美味しかったです。

それこそ、よく行く中華屋さんの焼きそば(ソース味じゃないタイプ)レベルで美味しかった!

これはまた別の具材で作りたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

 

サッポロ一番 塩らーめん×カルボナーラ

<作り方>

ゆでた麺、にんにく、ベーコンをオリーブオイルで炒め、お好みの量の粉末スープと牛乳で混ぜる。器に盛ったら卵黄をトッピング。

濃厚でマイルドな味わいとなり、サッポロ一番塩の香辛料の香りが引き立つ!
<お味は?>

はい、ということで、やわらかぱんだに作ってもらいました。

ぶっちゃけ、味的にはカルボナーラという感じではなかったですが、クリーミーで美味しかった。

ただ、わが家は薄味派なので、スープの素は半分ぐらいで十分だったかも。1袋入れたらしょっぱかったです…。

なお、スープありの通常だと、すぐに麺がふやけてしまうのが玉に瑕でしたが、これだと麺がすぐぐにゃぐにゃにならず、美味しくいただけました。これは…次回もあるかも!?

 

マルちゃん正麺 味噌味×ナポリタン

<作り方>

トマトジュースに液体スープをまぜ、ソーセージ・ピーマン・玉ねぎなど、お好みの具材と麺を入れて煮るだけ。

甘みの中に味噌の香りが引き立ち、昔懐かしのナポリタンに!
<お味は?>

意外や意外!味噌ラーメンなのにしっかりナポリタンになってて、これも美味しかった!

なお、マルちゃん正麺の麺は、割としっかりしているので、硬めに別ゆでしておいてから、具材を炒めた中にトマトジュースを入れて、麺を入れて、煮詰める…の方がイイかも。

乾麺のままトマトジュースの中に入れたら、なかなか柔らかくならなかったので。

ちなみに、トマトジュースは無塩の200mlを使用。

少しだけ水を足したけど、追加の味付けは必要なし。むしろ、トマトジュースは無塩じゃないと、味が濃くてしょっぱいかも(その場合はスープの素を減らした方が良いかと)。

 

マルちゃん正麺 醤油味×ジャージャー麺

<作り方>

豚ひき肉をマルちゃん正麺醤油味のタレや、砂糖・酒・ごま油などで炒め、肉みそにし、ゆでた麺にかける。お好みで白髪ねぎや千切りきゅうりを添える。

甘みとコクのある肉みそと、マルちゃんの優しい醤油の香りがマッチ!

ラー油とごま油を足すと、より立体的な味に!

なお、マツコさん曰く「お店みたいな味」とのこと。普通に出されたらわからないと感心してました。

<お味は?>

マツコさんの言うお店の味…というのはちょっと大げさかもしれませんが、なかなか美味しかったです。

やはり、マルちゃん正麺のクオリティは高い…!

なお、ひき肉を炒めて添付のスープを入れたわけですが、2人前を一度に作り、スープは1人前分だけ使用。

さすがに味が薄かったので、残ってる1人前分のスープの4分の1くらいを直接だーっとかけて混ぜたら、ちょうどよかったです。

 

マルちゃん正麺 旨塩味×ペペロンチーノ

<作り方>

唐辛子とにんにく、お好みでベーコンをオリーブオイルで炒め、ゆでた麺と液体スープを混ぜるだけ。

にんにくの香りと、塩のスッキリした味わいがマッチ!

 

執筆者:イカリグマ

 

<スポンサーリンク>