セブンの北極やきそばが辛すぎるけどアレを入れれば食べきれることが判明!

イトーヨーカ堂やセブンイレブンで見かけるようになった、「蒙古タンメン中本」のカップ麺。

以前、どんなもんじゃろかと食べてみたところ、あまりの辛さに火を噴いた記憶があります…。

いや、比喩的な意味です、もちろん。

割と辛い物は平気なタイプなんだけどなぁ…と。

以来、避けてきた「蒙古タンメン中本」。

ところが、今年の5月に入ってから、やたらと目につく「蒙古タンメン中本 北極焼きそば」のパッケージ。

どうやら、数量限定でセブンプレミアムから発売された模様。

イトーヨーカ堂でもセブンでも、エンドや目立つ場所に山積みされてちゃぁ、嫌でも目に入ります。

ということで、食べられなければやわらかぱんだに押し付けちゃえばいいし!なんて、内心思いつつ、中本リベンジしてみることにしました。

 

<スポンサーリンク>

 

蒙古タンメン中本 北極焼きそば

激辛…好きですか?

イカリグマは、あまり激辛好きではありません。

でも、辛い物が苦手というわけではないと思っていました、あの日までは…。

というのも、ある日、世の激辛ブームに乗って、「蒙古タンメン中本」のカップ麺に手を出したことがあったんです。

しかし、あまりの辛さに完食を断念。もう、一口も食べられないくらい辛くて、泣く泣く食べ残したわけですが…。

食べ物を残すなんて、食いしん坊の名折れ。悔しい事この上なし!なわけです。

ってことで、「蒙古タンメン中本」を見かけても、手を出すことはなかったのです。

が、今回はあちこちで(イトーヨーカ堂とセブンイレブンだけど)目立つところに山積みになっているのを見るにつれ、食べてみたい…と思うように。

まぁ、ほら、食べきれなかったら、やわらかぱんだに押し付けちゃえばいいし!ってことで(笑)

※ただし、やわらかぱんだは辛い物を食べるとお腹を壊すので、細心の注意が必要です。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回いただいたのはこちら。

「蒙古タンメン中本 北極焼きそば」

価格/246円(税込)

パッケージからして辛そうな色!

激辛マヨファイヤーが付いてます。こいつがクセモノなのはまたのちほど説明するとして…。

気になるカロリーは裏に書いてあるので見てみましょう!

おお、なんと、785Kcal!

高い。高すぎやしないか?と一瞬思ったのですが、1食174gあるので、一般的なカップ焼きそばに比べると、量が多いんです。

参考:日清焼きそばにU.F.O./112g(麺は90g)

まぁ、食いしん坊にはたいした量ではありませんけどね…フフフーン♪

ちなみに、パッケージの裏には、「蒙古タンメン中本 北極焼きそば」の調理方法が書いてあります。

それほど難しい作業ではありません。大事なことは、お湯の目安量が700mlなことと、5分待つことくらいです。

ただし、この部分は見逃せませんよ!

ちょっと切っちゃったけど、激辛マヨファイヤーは、全量入れると北極ラーメン級入れないと蒙古タンメン級になると説明が!

では、パッケージを剥がしていきましょう。

中には、液体ソース・粉末ソース・激辛マヨファイヤーの3つが入っています。

熱湯を注いだら、指示通り、液体ソースを乗せて温めておきます。

5分経過したら、湯切りシールを剥がします。

湯切りはやわらかぱんだにお任せ。

なお、熱湯を直接流すと排水溝にダメージを与えてしまうので、流水で中和しながら捨てましょう。

水がもったいないなら、いったんボールなどにためて、冷めてから捨てると環境に優しいです。

湯切りが終わったのがこちら。

液体ソースをかけます。赤い油が…。

粉末ソースをかけます。赤い粉が…。

まぜまぜしたら…あ、赤い。

意味なく麺上げしてみました。

 

▼イカリグマの感想▼
念のため、激辛マヨファイヤーはかけず、1口目を口に…。えーっと、いや、1口目から辛いぞこれ!

口の中がヒーヒー言ってるんだけど、大丈夫なのか!?と、不安に思いつつ、激辛マヨファイヤーをちょこっとだけかけてみた。

赤いマヨって何よ!嫌な予感しかしないじゃん!って、えぇ、もう、辛い!めちゃくちゃ辛い!

とてもじゃないけど、激辛マヨファイヤーは使えません!これ全部食べられる人ってどんな口なの?

とにかく、激辛マヨファイヤーはよほどのツワモノ以外は使わない方がいいと思う。

しかし、辛い。食べきれる自信がない。

やわらかぱんだに全部押し付けてしまうことも考えましたが、辛い物を食べるとお腹を壊すやわらかぱんだに、全部食べさせるわけにはいかない…。

苦肉の策でひらめいたのが、マヨネーズのトッピング。これなら、辛さがマイルドになるのでは?と。

はい、思った通り、普通のマヨネーズでマイルドになって、むしろ…美味しくなった…ぞ!と、パクパク食べ進めることができました。

そう…アレとは、マヨネーズの事だったんです!(タイトルの“アレ”)をここで回収。

さらに、やわらかぱんだが作った「小松菜のゴマあえ」が、いい箸休めに。辛さが引く~。

最後は、甘いものが欲しくなり、チョコクロワッサンをトーストして、牛乳と一緒にいただきました。ゲフ。

結論。「蒙古タンメン中本 北極焼きそば」は、付属の激辛マヨファイヤーは使わず、普通のマヨネーズをかけると美味しい。あと箸休めがあるとなおよい。

マヨネーズをかけて、もう1回くらい食べたいかな。温泉卵もいいかも。とるけるチーズも合うんじゃ…(夢は広がる)。

 

▼やわらかぱんだの感想▼
痛みを伴い、お腹を壊すほどの辛さは苦手なやわらかぱんだですが、珍しくイカリグマが買ったんで一緒に試食しました。

蒙古タンメン中本は初体験なんですが、テレビでめちゃくちゃ辛いというのは知っていたので、正直ビビりながら口に放り込みました。

当然だけど「激辛マヨファイヤー」は無しで食べてみたところ意外や意外、辛いんだけどむせることなく美味しく食べられました。もちろん多少の痛さを感じる辛さでしたが、何とか食べることができ、味わうことができました。

で、調子の乗ったのもあるだけど、せっかくなんで「激辛マヨファイヤー」に挑戦。結果はいれなきゃよかったです、ハイ。

ちょっとだけなのに、めちゃくちゃ辛い!!もうね、辛すぎてさっきの美味しさがふっとんじゃいました。お腹壊さないか心配するほどの辛さでした。とはいえ、話のネタになるから良しとします^^

食べ終わって思ったのは、辛いものを食べたい人にはもちろんおすすめですが、そうでもない普通の舌の人は付属の「激辛マヨファイヤー」無しで食べることをオススメします。「激辛マヨファイヤー」は本当に辛いのが得意な人以外はかけないほうがイイです。

ちなみに、蒙古タンメン中本でヒイヒイ言ってるやわらかぱんだですが、『有吉ゼミ』で激辛料理を食べてる芸能人って、食べあと体の方は大丈夫なんでしょうか…。辛さでお腹を壊す身としては、あれ見てるといつも心配してしまいます。

(追記)
食べた数時間後、激痛はないものの、やっぱりお腹の調子が悪くなりました。お腹を壊しやすい人は間違っても「激辛マヨファイヤー」を全部入れるなんてことはしないでください。危険です!!

執筆者:イカリグマ

 

<スポンサーリンク>