「マリトッツォ」って何?!SNSで話題のスイーツパンを作ってみたよ!

近頃よく目にする新しいスイーツパン「マリトッツォ」。生クリームをたっぷりはさんだ、見た目からして美味しそうなシロモノ。

早速どこぞに売ってないか?と探してみたら、パン屋さんで発見!でもちょっとお高い…。

なので、やわらかぱんだ(夫)が手作りしてくれることになりました!

ということで、説明する必要もないほど簡単ですが、「マリトッツォ」の作り方をまとめていきます。

作るのはイヤ!近場で入手できない!という方のために、お取り寄せ情報もご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

 

マリトッツォを作ってみた!

SNSを中心に話題となっている「マリトッツォ」

スイーツなのか、スイーツパンなのかジャンル分けが微妙ではありますが、まぁ、それはおいといて…。

このマリトッツォとは、イタリア・ローマの伝統的なお菓子で、卵やバター、砂糖などをふんだんに使った、ちょっと贅沢な“ブリオッシュ”生地のパンに、生クリームを挟んだもの…というのが一般的な定義です。

また、生地あるいは生クリームに、オレンジピールなどを入れて風味付けされているものも多いようです。

たしかに、見た目からして新たなブームを感じさせる、気分があがるフォルムをしていますよね!

まぁ、個人的には、スーパーマリオにでてくる敵のワンワンに似てるな…と思ったのは内緒ですが(鎖が付いた鉄球のヤツね)。

さて、この「マリトッツォ」。早速食べてみたいなぁと思っていたところ、パン屋さんで発見!

でもちょっとお高め…。

どうしようかともじもじしていたら、やわらかぱんだ(夫)が作ってみようか!と言い出して…。

ということで、簡単すぎてアレですが、わが家で作ったマリトッツォの作り方をご紹介します。

 

<材料>

パン …4つ
イチゴ…4つ
生クリーム…200ml
砂糖 …パッケージに記載の量より少な目

※パンは、セブンの黒糖マーガリンパンです。ブリオッシュ系のパンなんてわからなかったので、丸い形だけで選びました

※たまたまイチゴがあったので追加

※生クリームは甘すぎるとツラいので、わが家は砂糖少な目ですが、普通の方は表示通りで!

※一堂に会した材料たち

 

<作り方>

①イチゴはヘタを切って2分の1にカットする。

②生クリームは、氷水を入れた鍋などをあてがい、角が立つまで泡立てる。

※はじまりはシャバシャバ

※電動ホイッパー(ハンドミキサー)の威力で、ものの5分程度で角がたちました。

ちなみに、電動ホイッパーとステンレス製のボールは相性が悪いので、耐熱ガラスのボールを使用しています。

③生クリームをフリーザーバッグに入れる。

※ちゃんとしたヤツがある方はそちらをお使いください。

④パンを半分に切る。

※パン切り包丁があれば切りやすいです。

⑤パンに生クリームを絞り出す。

※半分に切ったら、マーガリンが埋まってました。これもまたよし。

⑥生クリームだけのノーマルバージョン完成!

※うん、うん? うんーん…

⑦イチゴをトッピングしたバージョン完成!

※山盛りクリームイチゴ!

※帽子をかぶせたみたい。

1人前の「マリトッツォ」完成!

※クリームをならして、それっぽくなりました!

 

初めての手作り「マリトッツォ」!

凄くボリュームがあって、食後のデザートとして食べたのですが、2つは多かった(残して後で食べた)。

生クリームたっぷりで、大変美味しかったのですが、パンからはみ出して食べにくかった…。

おそらく、パンは完全に半分に切らないで、片側はつながったままの方が良いのかもしれない。

まさに、マリオのワンワンのように…。

結局、本物のマリトッツォを食べていないので、手作りバージョンの味が正解なのか、何とも言えないという結果となりました。

 

<スポンサーリンク>

 

マリトッツォをお取り寄せ!?

マリトッツォがSNS話題になったきっかけは、「カルディ」だったようです(定かではありません)。

なので、気になる方はカルディの店舗でご購入ください。

なお、カルディのオンラインストアでは、2021年6月4日時点で在庫なし…人気なんですね!

たとえば、食べログモールなどを利用すれば、人気店の「マリトッツォ」がお取り寄せできちゃいます!

食べログモールはこちらから

 

これは便利!ブリオッシュが12個と、ホイップ(プレーン・チョコレートの2種が1000mlずつ)、粉糖が入ったマリトッツォの手作りセット!これならパン選びに失敗しないな…(笑)

→楽天市場はこちら

 

クリームは自分でホイップする!という方は、冷凍ブリオッシュ生地をおうちで焼いてみるのもいいかも!

→楽天市場はこちら

 

執筆者:イカリグマ