簡単時短サムゲタンのレシピは!実際に作ってみたら…│ロバート馬場の3分ちょっとクッキング

お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之さんといえば、料理上手で有名です。最近ではネタ番組よりも、料理番組や情報番組などの料理コーナーなどで見るほうが多いかも…!?

そんなロバート・馬場裕之さんが、毎週月曜日にレギュラー出演しているTBS朝のバラエティ番組「ラヴィット!」で、満を持して「ロバート馬場の3分ちょっとクッキング」というコーナーを担当(レギュラーかは不明…)。

ということで、ここでは、ロバート・馬場裕之さんが「ラヴィット!」内のコーナー“ロバート馬場の3分ちょっとクッキング”で紹介したレシピを時折実際に作りつつまとめています。

 

<スポンサーリンク>

 

簡単時短サムゲタン

2021年4月19日(月)放送の「ラヴィット!」では、月曜日のレギュラー出演者であるロバートの馬場裕之さんが、自身のコーナー“ロバート馬場の3分ちょっとクッキング”(レギュラーコーナーかは不明…)で得意の料理を披露してくれました。

それがこちら…「簡単時短サムゲタン」です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TBS『ラヴィット!』(@tbs_loveit)がシェアした投稿

ドヤァと器を差し出す馬場さんが、シソンヌのじろうさんにそっくりですが、それはおいといて(笑)

この「簡単時短サムゲタン」は、馬場さんが考案したとか。さすが、料理上手は違いますね!

ということで、美味しそうだったので、早速わが家でもマネしてみました!

 

<材料(2人前)>

サラダチキン…1枚
長ネギ…1本
冷やご飯…150g
水…500ml
黒ごま・ごま油・いりごま・塩・糸唐辛子…適量
鶏ガラスープの素…大さじ1
しょうがチューブ…小さじ1
にんにくチューブ…小さじ1

※わが家は食いしん坊なので、冷ご飯を2倍の300gで作りました。その他の材料はそのままの分量、糸唐辛子はナシで!

 

<作り方>

①冷ご飯を麺棒などですりつぶしておく

②サラダチキンを食べやすい大きさに割く

③水、冷ご飯、スープの素を入れて、中火で熱する

④長ネギを細かく切る

⑤沸騰してきたら、サラダチキンを汁ごと入れる

⑥軽く温めたら器に入れ、薬味を散らして完成

 

<完成品>

“簡単時短サムゲタン”というだけあって、ホントに簡単に作れました!

なお、サムゲタンを食べたことがないので、味が一緒なのかはわかりませんが、塩とごま油が利いたさっぱりめの中華がゆ…といった感じです。

また、サラダチキンはさっと温める程度しか熱を入れていないので、思いのほか柔らかかったのが意外でした。

材料を用意して完成するまで正味10分程度と、ホントに簡単(材料がそろったあとならマジで3分ちょっと!)なので、飲んだ後の〆や、お夜食などで重宝しそう!

ちなみに、冷やご飯はラップをで包んだマッシャーでつぶしたのですが、ご飯を潰す理由は、

時短でとろみを出すため

とのこと。たしかにつぶせば早くとろみが出ますし…これは頭イイデスネ!

ということは、時間があるならご飯を潰さないでゆっくり時間をかけて、おかゆを炊く感じで作っても美味しいのかもしれません。

 

余談ですが、わが家は割と自炊料理の味付けは薄味。テイクアウトのお惣菜や外食の料理は味が濃い!と震える年ごろになってきたのがその理由(あとタバコをやめてもう数年経過してきたからかも…)。

さらに、スマホアプリのクラシルや、よくある料理本のレシピ通りの調味料の分量だと、味が濃い・しょっぱい・甘すぎる…ということもしばしば。

なので、今回ロバート馬場さんが紹介したレシピも、冷やご飯の量を倍にして気持ちしょっぱいかな…?という感じだったので、レシピ通りの分量だと、絶対しょっぱくなったのではないかと思います。

まぁ、わけぇ人には関係ないだろうけど、塩分摂り過ぎは健康によくないのでね…タハハハ

 

超時短!フレンチトースト

2021年4月12日(月)放送回の「ラヴィット!」内のコーナー“ロバート馬場の3分ちょっとクッキング”では、「超時短!フレンチトースト」を紹介。

なんと、カステラで作るフレンチトーストです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TBS『ラヴィット!』(@tbs_loveit)がシェアした投稿

<材料(2人分)>

卵…1つ
牛乳…50ml
カステラ(60g)…2切れ
バター…5g

 

<作り方>

①卵と牛乳をボウルに入れ、15秒程度泡だて器で混ぜる

②カステラを①に片面20秒ずつ浸す

③中火で熱したフライパンにバターを溶かし、カステラを片面45秒ほど焼く。

④両面焼き目が付いたら完成!

 

見た感じは美味しそうでしたね!

パンと違ってカステラは卵液の吸い込みが早そうだから、超時短が可能。逆に、吸い込ませ過ぎたら崩れちゃうかも?

卵液を吸い込ませる時間が、上手に作るポイントかも。

イイ感じのカステラが見つかったら、挑戦してみたいと思いますヽ(ΦωΦ)ノ

執筆者:イカリグマ

 

<スポンサーリンク>