ホットサンドメーカーでホットケーキを作ったよ!家事ヤロウ人気レシピ!

おうち時間も相まって、巷で話題となっている“ホットサンドメーカー”。

パンに具材を挟んだオーソドックスなホットサンドだけじゃなく、さまざまなレシピがInstagramなどにもあがっています。

なかでも、ホットサンドメーカー人気に火をつけた…といっても過言ではない、テレビ朝日の「家事ヤロウ!!!」では、思わずやってみたくなるホットサンドメーカーレシピをたびたび紹介しています。

ということで、2021年3月の特番で紹介された、ホットサンドメーカーを使った「ホットサンドケーキ」を作ってみました!

 

<スポンサーリンク>

 

無敵のホットサンドメーカー

2020年頃からでしょうか?

巷でやたらと話題を聞くようになった「ホットサンドメーカー」のレシピ。

曰く、バターを溶かして肉まんを挟んで焼くと旨いとか、

具材を入れてお好み焼きを作ったり…だとか、

とにかく汎用性があるともっぱらの噂。

その発生源or広めたのは、テレ朝のバラエティー「家事ヤロウ!!!」だと思われます(タブン)。

とはいえ、自分の頭の中にあるホットサンドメーカーといえば、電気式のタイプ。

一時マイブームでホットサンド作りまくった時もありましたが、

肉まん?お好み?何それどうやって?と、

謎は深まるばかり(家事ヤロウ見てなかったのは内緒)。

そして、知りました。

直火タイプのホットサンドメーカーがあるって!

これならキャンプにも持っていけるし、そりゃ、いろいろな料理にも応用できますねって。

でも、なかなか踏み込めずに静観。

なぜなら、電気式のホットサンドメーカー、使わないからって数年前に断捨離した記憶が…。

だから、直火タイプのホットサンドメーカー、

買っても使わなかったら、“タンスの肥やし”ならぬ、

“未使用の調理道具の山”に鎮座してしまうのではないか…と。

そんなことを思いつつ、楽天で直火タイプのホットサンドメーカーをポチッた。

はい、やはり…1回しか使わずに、棚の中にそっと置かれていたのです…。

 

が、しかし!2021年3月某日、ついに見てしまいました。

テレ朝の「家事ヤロウ!!!」の特番。

番組内容は、「話題の簡単朝食ランキング」

で、見事1位に輝いたのがこちらです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

家事ヤロウ!!!(テレビ朝日公式)(@kajiyarou)がシェアした投稿

こ、れ、は!!

た・べ・た・い!!

しかも、うちにあるホットサンドメーカーと同型のヤツじゃんっ!!

同じようにできるじゃん!!

ということで、「ホットサンドケーキ」を焼いてもらいました。

※注意※
諸事情により、わが家では数年前から旦那が主夫として、イカリグマ監修のもと、多くの家事を担当しています。

 

<スポンサーリンク>

 

ホットサンドケーキの出来栄えは…

<ホットサンドケーキの材料>

・卵1個
・牛乳100ml
・ホットケーキミックス150g

※ホットサンドメーカー約2枚分の分量になります。

<作り方>

①ボウルに卵と牛乳を入れよく混ぜる

②①にホットケーキミックスを入れて混ぜる
※混ぜ過ぎるとふくらみが悪くなるので、ダマが残る程度に混ぜる

③キッチンペーパーに油をしみこませ、ホットサンドメーカーの両面に塗る
※フッ素加工なら油は塗らない方がキレイな焼き目になります

④生地を流し込み、フタを閉じて中火で5分焼く

⑤ひっくり返して弱火で6分焼く

⑥火を止め、フタを開けずに2分余熱で焼く

⑦お皿に盛りつける。

※作り方は「家事ヤロウ!!!」Instagramより

 

さて、挑戦1回目。

特段アクシデントもなく、すごく綺麗に焼けました!

「家事ヤロウ!!!」と同じく、バターを2切、フォークで刺してぬりぬりぬりぬり…。

バターでべしょべしょになったところが、すごーく美味しそう(語彙)。

バターが溶け切っていないものの、そこにたらーりとはちみつを垂らします!

※「家事ヤロウ!!!」では、メープルシロップを使ってましたが、家にははちみつしかなかったのではちみつを使用。

半分に切ったらこんな感じになりました。

いやー、ホントに美味しかったですよ!(語彙)。

ちなみに、Instagramにあるレシピ通りだと、

“キッチンペーパーに油を染み込ませホットサンドメーカーの両面に塗る”

とあるのですが、油を引き過ぎると表面がまだら焦げになってしまいます。

むしろ、フッ素加工のホットサンドメーカーなら、油は引かない方がキレイに焼けます。

 

なお、別の日に2回目の「ホットサンドケーキ」を焼いてもらったのですが、

1回目の時は粉を混ぜ過ぎたので、2回目は、

・粉を混ぜ過ぎないように注意(ダマが残る程度)
・焼き時間を短く(表中火4分・裏弱火5分)
・蒸らす時間を増加(余熱2分→4分くらい)

結果、1回目よりもきれいな焼け目&ふわふわの仕上がりになりました!

あ、いや、なんかスゲー焦げてるように見えるかもしれませんが、

そんなに焦げてはいません(笑)

ちょっとダークな感じなだけで、美味しさは1回目を上回りました。

「家事ヤロウ!!!」のInstagramのような、キツネ色にするなら、

もう少し弱火でやらないとダメなのかもしれません。

 

…ということで、直火タイプのホットサンドメーカー、

わが家では流行りそうな予感…。

執筆者:イカリグマ

 

<スポンサーリンク>